ときめいた化粧品を買い漁って後悔! 無駄遣いしない方法は?

美容

いつまでもエネルギッシュに人生を楽しもうと思い、認知症の予防のためにも手や頭を使うことを意識してみたら、メイクやお出かけが前よりもっと楽しくなりました。
主に、美容やお出かけについて書いています(^0^)
ベアミネラルのメイクと格安ハワイ旅が大好きです。

********************

時々、今までの自分をものすごく反省したりすることってありませんか?

そんなの、私だけかなぁ~?

今、私は何年か前の私の「第一次断捨離ブーム」を思い出しています。

その時、私は珍しく凹んでいました。なにがあったかというと・・・。

 

使わない化粧品を引き出しにしまい込んでいた私

何年か前のある日、リビングの引き出しの整理中に、見つけてしまったのです。

使わなかった化粧品の山をっ!

Σ(・□・;)

買ったまましまっていたんですね。買ったことで満足してしまったんですね。

 

私は物を買う時はだいたい気分が上がっている時、要するに機嫌が非常に良いときなんです。

それらの品々を購入した時も例外ではなく、思い返せば、やたら「これを買えばキレイになれる!」というモードに突入していました。

その時の自分の様子や気持ちを思い出すとググッと、今でも胸が痛くなります。ほんとぉ~に無駄遣いしちゃったなぁ。

片付けの本で一世を風靡した妖精のような一人の女性をテレビでお見かけした時、彼女は「ときめき」という言葉を頻繁に使っていました。

彼女の考えは、ときめかないものとはサヨナラする、というものです。

その法則をどう勘違いしたのか、私は当時「ときめいたものは何でも買う」という暴挙に出たのでした。

楽天の化粧品の売れ筋ランキングのページなんていうのはよく見ていましたよ。キラキラしていたんですよね、ランキングのページってば。

確かに”買うという行為”には「ときめいた」のですが、手に入れた化粧品にはときめかないどころか、すぐに存在すら忘れてしまいました。

だから、その引き出しには、存在すら忘れ去られた可哀そうな化粧品たちがひっそりと居場所を確保していたのです。

私はそれを発見した時、ときめかないものを持っていることが自分の運気を下げるような気持ちになったのを覚えています。

そして、引き出しの中で使われるときを待っていてくれた化粧品たちは無残にも全部捨てられてしまいました。

今思えば(まぁその時に気づいてよかったとも言えますが)、なんという愚かなことをしたのかと反省しきりです。

きっと、「化粧品に頼る」という気持ちがそうさせたんだと思います。

当時の私は、美容に関する考え方が今とは違っていて、化粧品の効果はどれも同じだと思っていましたし、本当に必要なものかどうかの判断をしていなかったのです。

 

化粧品で無駄遣いしない方法

私は、使わないまま捨ててしまった化粧品に払ったお金を計算して愕然としました。

軽く2万円を超えていたのです。

もったいなかったなぁ。2万円あったらディズニーランドで1日ゆっくり楽しめたのに。

でなければ、家族そろってホテルのバイキングに出かけるなんてことだってできたはず。

 

その時の反省は活かされて、私は極端とも言えるくらいに、物の見極めは真剣に行うようになりました。

現在持っている化粧品はどれも最高に気に入っているものばかりです。

気に入るということに関しては、見た目の可愛さで気分が上がるのも大事ですが、やはり使い心地や効果に納得できることの方が大事だと思いますね。

そして、私は自分が使ってみて良かったものは、だいたい友人に勧めているようです。(笑)

意識して勧めているつもりはないのですが、家に遊びに来た友人が「これ、なぁに?」と聞いてくれたりすると、どこがどういいのか時間を忘れて語り出すわけです。(らしいです。)

友人に後で聞くと、9割くらいの割合で同じものを購入して使っているのには驚きました。

私が「これ、いいよ」というと、本当にいいもののように思って買う→→そして、本当に良い、ということらしいです。

 

私は購入するものを選ぶときには、同じカテゴリのものをいくつか比べるという作業はスキップしません。

2つか3つは比べないと気が済まないのです。

 

そして、どこがどう良さそうか考えて納得して購入します。以前の反省を思い出して、「ときめき」だけでは買いません。(笑)

でも、実は、

中には失敗もあって、口紅なんかは実際に付けてから時間をおかずに購入したものは、後でヒリヒリしてくるものもあったり、ファンデーションではしっとり潤うからと購入後、外で化粧直しをしようとして「し、白いΣ(・□・;)」とびっくりしたこともありました。

買った化粧品が合わなかったときの対処法と買う前に〇〇すると良い話

2017-11-06

そんな訳で、選ぶ基準に色が重要なものは、私も友人に勧めないことにしています。

だから逆に色が関係ないものに関しては、自信をもって勧めたいものがあったりします。私だけじゃなく友人も気に入ったという事実が、私にとっては更に自信を生むのです^^

 

ここで、私が美容グッズを購入する時の基準をいくつかご紹介します。

  1. 先入観を持たずに、その商品の売りの部分を素直に検討する
  2. 価格が見合っているか考える
  3. 返品できるのか、返金はどうか、一応調べる
  4. おすすめのレビューなどを参考にするときは同年代の人のものがあるか見る
  5. 自分の目指すビューティにベクトルが合っているか検討する

たとえば、シワをなんとかしたいなぁ~って思った時に、シワの原因に正しくアプローチしている商品であれば〇。

そうではなくて、ただ単に表面に塗って保湿だけで皺は減ると紹介されている商品は×、っていうような考え方です。

実際に私がこういった真剣な商品選びをして購入し、今も一番のお気に入りのビューティーグッズがあるのですが、そのグッズとの出会いのきっかけなども書いているので、よければご一読ください^^

↓ ↓ ↓

同じ年の友達より若く見える秘密はハリを取り戻すセルフケア|リフティを使った感想

2017-12-28