40代からのナチュラルメイクはアイメイクと〇〇で好印象に仕上げましょう

美容

いつまでもエネルギッシュに人生を楽しもうと思い、認知症の予防のためにも手や頭を使うことを意識してみたら、メイクやお出かけが前よりもっと楽しくなりました。
主に、美容やお出かけについて書いています(^0^)
ベアミネラルのメイクと格安ハワイ旅が大好きです。

********************

40代からのナチュラルメイクはアイメイクの印象がとりわけ大事だというのは確かですが、それと同じくらい顔全体のベースメイクがとても大事です。

ここでベースメイクって?と思われた方もいらっしゃると思いますが、この記事にはそのあたりのことを詳しく書いていきますので、どうぞ参考にしてください。

40代からのナチュラルメイクで気になるアイメイクとベースメイク

私は40代に突入してからは目の周りのシワを気にするようになりましたが、目元だけをいくらケアしても垢ぬけた感じの仕上がりにならなかったことから、

本を読んで参考にしたり、他の同年代の方々のメイクをよく観察したりしているうちに、1つ気づいたことがありました。

それは、ベースメイクの大切さです。

ベースメイクというのは顔全体に塗る下地とファンデーションまでの段階のメイクです。もちろんそこまでの行程で外せないのはスキンケアの部分ですね。

ベースメイクで気を付けたい点

ベースメイクで重要なのは、なんといってもその色です。色味です。そして少し踏み込んで言うなら「肌色の均一感」です。

ファンデーションの色を間違えてしまうと、かなりのダメージになります。そのあとのチークやアイシャドーが雰囲気に合ったものをチョイスできたとしても、ファンデーションが明るすぎたり暗すぎたりすると台無しです。

色選びを間違えずにファンデーションをつければ、不自然でない均一感が生まれて、メイク全体を格上げすることができます。

色選びの方法は、例えば私の好きなベアミネラルのファンデーションは10色ほどあったりします。このように色の展開が多い場合は、店頭に行って一度付けてみてから購入するのがベターです。(下の画像はベアミネラルのサイトのものです。参考までに。)

私はお店で大きな鏡の前でいろいろな色の中から選んでもらうのが一番良いと思うのですが、これには結構時間もかかりますし、店頭でいったんメイクを一部取ったりするのがイヤな方もおられるでしょう。

ファンデの色選びでお店に行かなくても失敗しない購入方法

どうしても店頭に出向く時間が取れない場合は今はCCクリームという便利なものもあるので、それを利用するのも手です。

が、全体として明るい色味なのか、黄色味がかっているのかをよく観察してから注文するようにしたいですね。イエローベージュ系とオークル系では仕上がりがだいぶん違ってきます。

下の画像は、私が最近試しに買ってみたCCクリームの色味の区別です。PCの画面では微々たる違いですよね。でもきっとお顔に乗せると違いはハッキリするのだと思います。

私は00番を購入し、色味は合っていました。このように2種類から選ぶ場合は、あなたの肌が明るいか、普通の明るさかだけが見分けられれば失敗しません。

引用:米肌澄肌CCクリームのサイト

 

簡単に色選びをしたい、失敗したくないという場合にはCCクリームはとてもおすすめです。化粧水の上からパパッと塗るだけで済みますよ。

私が米肌のCCクリームを購入してみた理由は・・・

私は日焼けをしたくない意識がちょっとばかり高くて、旅行で日差しの強いところに行く前などは日焼け止めに色が付いたものを一つ持っていくだけで済めばいいなぁ~といつも思っていたんです。

それも、できればSPF50以上のものを、と思い、探してみました。

 

米肌の澄肌CCクリームは、上からパウダーをつけなくてもよく、これだけでベースが出来上がったので、旅行に持っていくには便利です。飛行機で、もうすぐ着陸っていうときにサクッとメイクが完成しちゃいます。

塗るときのコツは乳液か油分の多い化粧水のあとに、すぐに付けると伸びが良いですよ。

アイメイクのコツは

アイメイクに関して、40代からに限らず誰でも気を付けたいところから先にお伝えします(^_^)

それは俗にいう「パンダ目」です。マスカラやアイシャドーがにじんで目の下が黒くなってしまう状態は避けたいものです。

実はこれは私も長いこと悩みの種でしたので、マスカラを何種類も買って試してみたものです。どれでメイクしてもパンダになってしまって、諦めかけていました。

しかし、何年か前にそうならないコツがわかってからは一度も失敗していません。

パンダ目にならないコツ

パンダ目になるという現象は何がどうなっているのかというと、目の下の皮脂や汗によってマスカラやアイシャドーが溶け出してシワに沿ってジワーっとにじんだ状態なんです。

ということは、そのにじんでしまう場所を先に埋めておくという方法がよさそうですよね。

つまり、メイクをするときに下瞼の目尻から目頭に向かってパウダーをのせておくと、目の下のシワにパウダーが入り、汗や皮脂でアイシャドーやマスカラが落ちてきても目の下にダーッとにじむのを防いでくれるというわけです。

私はこの目の下のパウダーには、少しだけキラッと光る感じのパウダーを使用するのが好きです。マットなパウダーより透明感があって、軽い感じに見えますよ。プチプラのもので大丈夫です。

アイメイク全体がナチュラルに見えるコツは

やはりこれも色選びです。

大人女子だからとパープルやグリーンを付けるより、ナチュラルメイクの場合はベージュとブラウンの2色で決まりです。できれば少しキラッとした感じのものがおすすめです。

私はもっぱらこの2つを使用しています。

RIMMELのこのアイシャドーは適度にパールが効いていて地味すぎないので好きです。ちなみに色番は、下記の通りです。

  • リンメル プリズム クリームアイカラー003(ベージュ)
  • リンメル プリズム クリームアイカラー004(ブラウン)

いかにもギラギラのグリッター感があると40代をすぎるとナチュラルメイクとしては合わないな、と思っています。ギラギラグリッターのアイメイクはパーティやお呼ばれや観劇のときには映えるのでいいと思うのですが。

ベージュをアイホール全体に薄くのばして、瞼の二重部分にブラウンを塗ります。どちらも指でスーッとすべらせるだけでOKです。

ブラウンの塗り方を”黒目の上だけ厚めに塗る”のもおすすめです。こうすると2色だけ使っているとわからないくらい表情が豊かな感じに仕上がります。(私は二重部分が狭いのであまり効果が目立ちませんが。)

アイシャドーのあとは

次にアイラインとマスカラに関してです。

アイラインは、まつ毛の際に落ちにくいタイプのラインを入れていきます。打つ」という表現が合っている感じがします。ドットを間を開けずに描いているような感覚です。

ナチュラルメイクではここまででよいのですが、きちんとメイクの場合は下瞼の眼尻から3分の1くらいにもラインを引いたり、上瞼側のアイラインもすこし太目に描いたりします。

マスカラ下地とマスカラは、私はもっぱらこちらの2つを使用しています。

キャンメイクのイージーリムーブクイックラッシュカーラーを付けた後、セザンヌのグラマーラッシュカールマスカラをつけます。
まつ毛美容液との組み合わせも好きです。こちらの記事が参考になります。

【画像13枚】プチプラコスメはリップもチークもアイシャドウも発色がポイント

2017-10-06

ビューラーに関しては、普段はめちゃくちゃ上向きにカールさせません。あくまでもナチュラルメイクです。私はそういう自然な感じのメイクが好きです。

眉は若見えのキモです

ここにベースメイクだけ(今回は米肌の澄肌CCクリームのみ)から、アイシャドー、マスカラ、眉を描いたところまでの写真を載せておきたいと思います。

眉は2つのパターンで描いてみています。どちらかが老けメイクの眉です。さてどちらでしょう。50代のおばさんだからどちらも老けメイク、っていう答えは無しでおねがいします。笑)

ベースメイクとアイシャドーの段階

 

 

 

眉(パターン1)

 

 

 

眉(パターン2)

 

 

 

はい、ここで、眉のパターン1と2を見て、どちらが若く見え、どちらが老けて見えますか?

私が普段、老けた表情にならないように眉を描くとき気を付けていることは、

  • 濃く描かない
  • 輪郭をはっきりさせない
  • 長すぎると老け顔になる

です。パターン2の方の眉は輪郭をぼやけさせて色も薄く描いています。若見えは2の方です。

1の方は表情がキツくなってしまって、違った意味で目力がΣ(・□・;)っていう感じですよね。長さも少し長くて先の方まで濃いです。

 

アイメイクができたら、次にチークで明るさを加えリップを塗って完成です。

リップはギラギラしないものを、その日の気分によって変えて使っています。

色はベージュに凝ったこともあるのですが、不健康に見える日もあるので、そういう日は色味の明るいものを付けています。

今回はベースに手間をかけていないのですが、私は逆に、いかに手をかけても自然に見せるか(めちゃくちゃ時間をかけてメイクしても仕上がりはまるでノーメイクに近い!みたいな)、というのにも興味があります。
研究してみたいですねぇ( *´艸`)

今回の記事はついついたくさん書いてしまいました。参考になさってください。