買った化粧品が合わなかったときの対処法と買う前に〇〇すると良い話

美容

いつまでもエネルギッシュに人生を楽しもうと思い、認知症の予防のためにも手や頭を使うことを意識してみたら、メイクやお出かけが前よりもっと楽しくなりました。
主に、美容やお出かけについて書いています(^0^)
ベアミネラルのメイクと格安ハワイ旅が大好きです。

********************

私も経験があるのですが、お店でタッチアップしてもらって、気に入ったので買って帰ったものの、次の日に付けてみたら、どうも色が合ってない気がするファンデーションとか・・・、困りますよね。

どうするの?返品できる?( ;´Д`)って私も思いました。

そんな失敗をくりかえした私が、今ではどういう対処法をしているかをご紹介します。。

合わない化粧品は持っていても仕方ない

せっかくお店でタッチアップしてもらったのに、、、その時は良いと思ったのに、、、ってこと、本当に起こりますよね。

私は一度や二度ではありません。

特にファンデーションは付ける面積が多いので、合わない色を買ってしまうと本当に困ります。付けている間ずっとテンションが下がりっぱなしですもんね。

でも、これからは購入前に今私がお伝えすることを思い出していただければ、あなたはこのような同じ過ちを繰り返さないで済みますよ。

タッチアップしてもらってから時間をおく

私はある日、気づきました。

デパートの化粧品売り場の鏡の前とかお店の中って、光量が案外少ないのです。要するに外よりは幾分暗いんですね。

一見そうは感じないんですが。

そういう場所で色合わせするから、あとで太陽光のもとで見た時に、「あれ、なんか違うな。」と感じることもあります。

私は、スキンケア商品の場合に時間が経つと痒くなったこともありました。

だから、そうなる前に私は、タッチアップしてくれたお店の人に「ちょっと外で見てきます。」と言って一旦その場を離れます。「ランチの後でまた来ます。」の場合もありますし、「催し場で〇〇を買ってからまた寄ります。」とか言うときもあります。

外で見てみたり、化粧室で見てみると、化粧品売り場の鏡の自分とは顔の色が違って見える場合は、お店に戻って店員さんに感想を言うと、もう一度違う色を出してくれると思います。

スキンケアで痒くなった時は、残念ですがなるべく早くすっぴんに戻してもらった方がよいです。

ファンデーションは、あとで見た時に色が気に入らないときもあれば、テカリ具合とかが思ったのと違うときもありますから、その都度相談して納得して購入すると失敗がありません。

ほんと、合わない化粧品は持っていても仕方ないので、購入前に判断を誤らないようにしたいものです。

ファンデーションの色合わせのコツ

ファンデーションは2色くらいを頬と額の2か所に付けてみてもらうといいです。

そして、首の後ろの色とも違い過ぎないかを店員さんに見てもらうのをおすすめします。

首とアゴの色の差だけを気にすると、失敗することがあるからです。

首は前と後ろの色が違う場合がありますから、ファンデーションの色は前からだけ確認してもあとで何かの拍子におかしな色だと思うこともあります。

額も頬の下の方とは色が違う場合があります。

首(前後)、頬、額の色をよく見て合わせるのがいいですね。

ヤフオクやラクマで売るという手もある

それでもどうしても気に入らない場合も出てきますよね。

そういうときは、ヤフオクとかラクマが役に立ちます。

ファンデーションなどは、本当に一度スーッと撫でただけとか、使用したのがものすごく少量の時は、その旨をなるべく詳しく説明欄に書いておくと、もしかしたら購入してくれる人も現れるかもしれません。

半額くらいで出してあげると喜ばれますね。

私自身、化粧品を出品したことはないのですが、どんなものが出ているかを眺めるのは好きです。流行りを知ることもできますし、単にどんな化粧品が買われているかわかるのは楽しいです。

でも、なるべく商品を購入前に色や質感をよく吟味することをおすすめします(^_-)-☆

そんな経験もあって、スキンケアの商品を、私は返品可能の化粧品を選ぶようになったんですよね。

以上、参考になればうれしいです。